コスメを季節や気分でつかいわけよう

コスメへの忠誠が変わる時

長い間、基礎化粧品は筆者にも値段をいくらか言えないほど高いラインを使っていて、そこのメーカーのリキッドファンデーションも使っていた友達がいました。コスメに対しては、並々ならぬ情熱を抱いていて、いつもいろいろなものを試している友達で、何個も話題のアイテムを持っている人なのですが、その人はファンデーションだけは、ずっと変わらず使っていたのです。それが、ここへ来て、旅行で友達に使わせてもらった、デパートの化粧品売り場によくある化粧品会社のリキッドファンデが気に入ったようでした。この前、筆者と横浜で遊んだ時に、デパートに寄り、そのファンデをカウンターでつけてもらったのです。

長らく愛用していたのに、変えると聞いて、筆者は内心驚きました。彼女の高い基礎化粧品メーカーへの忠誠は永遠に近いものだと思っていましたから。しかし、もうすぐそのメーカーのリキッドファンデがなくなってしまい、すぐにでも必要だということと、友達から使わせてもらって、よかったということが記憶にあったことで、変えてみてもいいんじゃないかという気になったようなのです。友達は筆者の目の前で、リキッドファンデをつけてもらっていました。すると、素顔では明らかだったしわとかたるみが消えて、上品で上質な顔になったではありませんか。「それ、とってもいいんじゃない!?」と筆者がほめるまでもなく、友達はそのファンデが気に入ったようです。その場でお買い上げしていました。

美容やコスメについて、すぐわかるこのサイトでチェック♪

Copyright (C)2017コスメを季節や気分でつかいわけよう.All rights reserved.