コスメを季節や気分でつかいわけよう

コスメ(化粧品)は女性の外見も内面も美しくしてくれる

コスメといえば「キラキラと可愛らしい装飾されたケースのアイシャドウ」が最初に思い浮かびました。「コスメ」は化粧品を意味しますが、何だか洒落た感じがします。私は自分の顔が好きではありません。面長でタレ目、ハの字の濃い眉、腫れぼったくて小さい目、歯並びが悪いなど、数え上げればキリがないほどです。整形することを考えた時期もありました。別人のように顔が変わるのは不自然なので、さすがに整形はしませんでしたが、徐々に化粧をするようになりました。

高校生の時に眉毛を整え始めました。当時は眉毛を整えて描いている友達が多かったです。それまで私は「ハの字」のような形で濃い眉毛が恥ずかしかったのですが、きちんと整えて描くと表情が変わりました。描き慣れて行くと自然な眉に仕上がるようになりました。高校を卒業して短大に進学すると、もっと化粧をするようになり、化粧品も増えていきました。短大の頃は服や髪型など、人生で一番お洒落に気をつかっていた時期でした。

美容やコスメについて、すぐわかるこのサイトでチェック♪

Copyright (C)2017コスメを季節や気分でつかいわけよう.All rights reserved.